このサイトはこむら返りの原因や症状、予防法や対処法などを動画や記事で学べるこむら返りまとめサイトです。

こむら返りの原因まとめ.com

>
>
痛い!激痛が...こむら返りが治まった後の後遺症である筋肉痛……

こむら返りの原因まとめ.comをSNSでシェアする

こむら返りの原因まとめ.comカテゴリ一覧

こむら返りの痛みが続く場合の対処法と予防法とは?痛みが治らな・・・

痛い!激痛が...こむら返りが治まった後の後遺症である筋肉痛・・・

お酒を飲むとこむら返りを引き起こしやすくなる?お酒が原因で起・・・

こむら返りの予防に湿布や塗り薬は効果あるの?張るのなら温湿布・・・

こむら返りで歩けないほどの痛みが起きた時の対処法と予防法

痛い!激痛が…こむら返りが治まった後の後遺症である筋肉痛の対処法と予防法

なぜこむら返りになった後に筋肉痛が残るのか?

こむら返りの原因は「筋肉の異常収縮」です。人の体では筋肉は収縮して弛緩を繰り返しています。そのおかげで立ったり、歩いたりできているんですね。しかし、こむら返りが起きると、筋肉が収縮したまま弛緩しなくなります。筋肉が収縮し続けることで神経を刺激して、あの激痛が襲ってくるんです。

こむら返りは一般的に長時間続くことはありません。比較的、短時間で痛みは治まります。しかし、やっかいなのがこむら返りが治まった後に2-3日続くあの筋肉痛。あなたも筋肉痛が残った経験はありますか?

今回はこむら返りが起きた後の後遺症である筋肉痛が残る原因と対処法、予防法について解説致します!

筋肉痛とは筋肉に傷がつくこと

筋肉痛とはその名の通り、「筋肉に傷がついている状態」のことを言います。筋肉は、実は1つではありません。一本一本の筋繊維が束になっているのが筋肉なんです。

こむら返りが起きると筋肉が異常に収縮し続けます。そのため、筋肉にかなりの負荷がかかってしまいます。その時に筋繊維の何本かに傷が入ってしまうんです。

筋繊維は傷が入ると、元の状態に戻ろうと回復していきます。このことを超回復というんですが、この過程で炎症を起こし、その時に出る痛み物質が筋肉痛だと言われています。そして、これがこむら返りが起きた後に残る筋肉痛の正体です。

こむら返りの筋肉痛に対処する方法

これでこむら返りが起きた後に残る筋肉痛の原因、仕組みはわかりましたね。では、これからはその対処法について、筋肉痛を早く治す方法について見ていきましょう!

筋肉痛があるところを冷やす

筋肉痛の原因は筋肉が回復する過程で起きる炎症でしたよね。筋肉痛がある箇所をアイシングして冷やすことで血管が収縮されて炎症を抑えることができ、筋肉痛を早く治すことができます。

また、血流が抑制されるので痛みを伝える神経が麻痺し、痛みが軽くなります。なので、アイシングはこむら返りが起きた後すぐに行うのが効果的です。

アイシングは1回10分〜20分が効果的と言われています。これを1日に数回繰り返すようにしましょう。アイシングは耐えられないぐらい冷たいですが、筋肉痛を早く治すためにも耐えるようにしましょう。

湯船に使って筋肉の回復を早めよう

お風呂にゆっくり浸かると筋肉痛を早く治すのに効果的です。筋肉がリラックス(緊張を解く)できることと、血流が良くなり筋肉に栄養や酸素が十分に行き渡るので傷の回復を速めてくれます。

そして、もっと効果的なのは温冷浴です。湯船に浸かり、水に浸かり、湯船に浸かるを繰り返すんです。これをすると血流がとても良くなるので筋肉痛の回復効果は抜群です。

軽い運動で筋肉をほぐしてあげる

こむら返りが起きた後に筋肉痛が残ると歩いたりするのは辛いですよね。しかし、筋肉痛がある時こそ歩いたほうが良いんです。筋肉痛があるときの筋肉は硬くなって血流が悪くなっている状態です。歩いたりなどの軽い運動は筋肉をほぐして、血流を良くする効果があります。

20分〜30分のウォーキングや水泳(水中歩行)でもいいので筋肉を動かすようにしましょう。

栄養をしっかり補給する

人間は食べ物でできています。筋肉ももちろん同じです。筋肉痛が起こる仕組みを先ほどお教えしましたよね。筋肉痛は筋肉に傷が入っている状態ですので、傷の回復を速めるためにもしっかりと栄養をとることが大事です。

筋肉の回復に効果的な食べ物は「タンパク質」「糖質」「ビタミン」です。タンパク質は豚肉大豆鶏肉など。糖質はおにぎりパンなどからとれます。ビタミンはニンニク柑橘類うなぎなど。

これらの食べ物、栄養をしっかりとって筋肉に栄養を与えてあげましょう。

しっかり寝ること

これは筋肉痛だけの話ではありませんが、人間は睡眠中に疲労回復します。睡眠中に成長ホルモンが分泌され、傷が入った筋肉を修復してくれます。筋肉痛を早く治すためにしっかり寝るようにしましょう。目安としては8時間ぐらい寝るのが良いと思います。

こむら返りが起きた後の筋肉痛を予防する方法

ここまでで筋肉痛が起きたときの対処法はバッチリですね。では、次はこむら返りが起きた後の後遺症である筋肉痛が来ないように予防する方法について見ていきましょう!

筋トレをして筋肉を強くしよう

筋肉に傷が入るのは負荷がかかるからです。運動後に筋肉痛が起きやすいのもそのためです。そして、こむら返りが起きた後に筋肉痛が残る人に多いのは「運動不足」です。

日頃、筋肉に負荷がかかっていないせいでこむら返りの異常収縮の負荷に耐えられず、筋肉に傷が入って筋肉痛になってしまうんですね。

なので、日頃から運動をして筋肉にかける負荷を強くしましょう。そうすることでこむら返りが起きても後遺症である筋肉痛が来ないようになります。

しっかりと冷やすこと

冷やすことについては先ほどの対処法でも触れましたが、今回の「冷やす」はこむら返りが起きた直後です。筋肉に傷がついてすぐにアイシングすることで筋肉の炎症を抑えることができるので、回復が早くなります。

プロ野球のピッチャーが投げ終わった後にすぐアイシングするのと同じです。こむら返りが起きた後はすぐにアイシングを開始するようにしましょう。

ストレッチをして筋肉のばすこと

日頃からストレッチをして筋肉をほぐしてあげればこむら返りが起こりにくくなるので、後遺症の筋肉痛に悩まさえれることも無くなります。

また、筋肉痛があるときの筋肉は硬くなっています。ストレッチをして、筋肉の緊張を解いてほぐしてあげましょう。風呂あがりや就寝前にすればより効果的です。

下にこむら返りが起きやすいふくらはぎ(腓腹筋)のストレッチ法を解説してくれている動画を貼っていますので、ぜひ参考にしてください!

座った状態でふくらはぎ、アキレス腱をストレッチする方法

立った状態でふくらはぎ、アキレス腱をストレッチする方法

横になった状態でふくらはぎ、アキレス腱をストレッチする方法

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!もし、少しでもあなたのお役に立てたのであれば以下のボタンよりSNSでシェアしていただければ嬉しいです!

こむら返りの原因とは?

夜中にいきなり襲ってくるこむら返り。いつくるかもわからないからすごく怖いですよね...そんなとても怖いこむら返りの原因をわかりやすく解説致します!

こむら返りの原因を学ぶ >

こむら返りを予防する食事

こむら返りの原因とともに、こむら返りを予防する食事についてわかりやすく解説いたします!こむら返りを予防するために普段の食事から改善していきましょう!

こむら返りを予防する食事を学ぶ >

医師の見解まとめ

こむら返りを頻繁に起こす場合、他の疾患が潜んでいる可能性も。こむら返りの原因まとめ.comではこむら返りに悩んでいる方のために、医師の見解もまとめました!

医師の見解まとめをもっと見る >

動画で学ぶこむら返り予防法

記事を読むだけではつまらない。それに文字だけでは伝わりにくいニュアンスもあったり。なので、こむら返りの予防法や原因等を楽しく学べるように動画もまとめました!

動画でこむら返りの予防法を学ぶ >

こむら返りの予防法と対処法

こむら返りを予防するストレッチや外出先でこむら返りが起きた時の対処法などを解説致します!しっかり学んでこむら返りを予防しましょう!

こむら返りの予防法と対処法を学ぶ >

こむら返りは病気のサインかも?

こむら返りが頻繁に起きる場合、病気の可能性があることをご存知でしょうか?こむら返りと病気の関係性や予防法について徹底解説致します!

こむら返りと病気の関係を学ぶ >