このサイトはこむら返りの原因や症状、予防法や対処法などを動画や記事で学べるこむら返りまとめサイトです。

こむら返りの原因まとめ.com

>
>
むくみはこむら返りの原因?足がむくむとこむら返りが起きやすく……

こむら返りの原因まとめ.comをSNSでシェアする

こむら返りの原因まとめ.comカテゴリ一覧

こむら返りの痛みが続く場合の対処法と予防法とは?痛みが治らな・・・

痛い!激痛が...こむら返りが治まった後の後遺症である筋肉痛・・・

お酒を飲むとこむら返りを引き起こしやすくなる?お酒が原因で起・・・

こむら返りの予防に湿布や塗り薬は効果あるの?張るのなら温湿布・・・

こむら返りで歩けないほどの痛みが起きた時の対処法と予防法

むくみはこむら返りの原因?足がむくむとこむら返りが起きやすくなる理由について徹底解説いたします!

足がむくむとはどんな状態?

多くの女性を悩ませるむくみ。むくみとは血流の詰まりリンパ液の滞りなどが起こり、皮膚の下に余分な水分老廃物が溜まったときに現れるものです。血液中の水分が何かしらの原因によってふくらはぎや顔などのある部分にとどまってしまうんです。

通常であれば血液はサラサラと全身を流れて心臓に戻ってくるものなのですが、心臓に戻らずに体のどこかにとどまってしまうわけです。このようなことをむくみと言います。

また、むくみが足に起きやすいのは、足は心臓から遠くてさらに体の下の方に位置するので重力によって血液やリンパ液がたまりやすいからだと言われています。

なぜ、足がむくむとこむら返りが起きやすいのか?

先ほども解説させていただいたように、足がむくむということは血流が悪いということです。血液は全身に栄養や酸素を運んでくれているものなので、血流が悪くなるとふくらはぎの筋肉に栄養や酸素が十分に供給されなくなります。

その結果、筋肉の収縮や弛緩がうまくいなくなりこむら返りが起きやすくなってしまいます。また、栄養や酸素が不足することで、ふくらはぎの筋肉に疲労がたまりやすくなることもこむら返りが起きやすくなってしまう理由の1つです。

足がむくむ原因とは?

では、具体的にどんなことが足がむくむ原因なのかについて見ていきたいと思います。

1:生活習慣のせいで足がむくむ

日常的に起こる足のむくみの多くが日常生活の習慣によるものだと言われています。特に、立ちっぱなしの仕事をしている方や、座りっぱなしの仕事をしている方はむくみやすいです。

立ちっぱなしの仕事では筋肉が硬くなりやすく、下の方に重力が長時間かかるため血液やリンパの流れが悪くなりやすいです。また、座りっぱなしの方はふくらはぎの筋肉をほとんど動かさないため、足に溜まった血液やリンパ液の流れを改善することができません。

実は、ふくらはぎは第二の心臓とも呼ばれており、筋肉を収縮させたり弛緩させることで血液を循環させるというポンプの役割を果たしています。立ちっぱなしや座りっぱなしではそのポンプの役割を果たすことができないのでむくみが起きやすくなるんです。

そして、これらのような生活習慣はこむら返りの原因にもなります。立ちっぱなしではむくみのせいで老廃物が溜まりやすく、さらに筋肉に疲労も溜まりやすくなりますので、こむら返りが起きやすくなってしまいます。

座りっぱなしの仕事では運動不足になりがちで筋紡錘や腱紡錘などのセンサーの反応が鈍ってしまい、急な運動をした時などにこむら返りを引き起こしやすくなってしまうんです。

2:持病のせいで足がむくむ

尿の排出に関係している腎臓や、代謝や解毒などに関係している肝臓などの疾患があると体がむくむなどの症状が現れることがあります。また、糖尿病や動脈硬化などにも同じことが言えます。

もしかすると、あなたのむくみやこむら返りは病気のせいである可能性もあるので心配な方は病院で医師に相談することをオススメいたします。

3:血流が悪いと足がむくむ

これまでの解説でご理解いただいているとは思いますが、血流とむくみにはとても深い関わりがあります。血流が悪くなることがむくみの原因になりますし、こむら返りの原因にもなります。

むくみが起きた時は血流が悪くなっていることが考えられますので、こむら返りも起きやすくなります。むくみが起きた時はこむら返りに注意するようにしましょう。

4:冷えのせいでむくむ

足が冷えるとふくらはぎの筋肉が緊張して硬くなってしまいます。その結果、足の血流が悪くなってしまい、むくみやこむら返りの原因となってしまいます。寝起きにむくみが多かったりするには「冷え」が原因なんです。

また、筋肉は緊張すると収縮や弛緩の反応が悪くなってしまうのでこむら返りが起きやすくなります。

足のむくみを解消してこむら返りを予防する方法

足のむくみを改善することはこむら返りを改善することにもつながります。これからむくみを解消する方法をご紹介いたしますので、実践してむくみとこむら返りを予防しましょう!

栄養バランスの良い食事を食べる

栄養バランスが悪くなると基礎代謝が下がったり体力がなくなったりなど、血流が悪くなることにつながります。なので、しっかりと栄養バランスうを考えた食事を摂るようにしましょう。

また、血流をよくしてくれる食べ物として有名なのは「にんにく」「玉ねぎ」です。これらにはアリシンという成分が含まれており、このアリシンには血流を促進してくれる効果があるので、むくみとこむら返りを予防してくれる食べ物です。

冷え性を予防してくれる効果もあるので積極的に食べるとあなたに良い効果をもたらしてくれるはずです。

ストレッチやマッサージをして血流をよくする

ストレッチやマッサージには血流を促進してくれる効果があるのでオススメです。寝る前やお風呂上がりに行うと効果的ですのでぜひお試しください。

また、ストレッチは運動不足の解消にもつながります。座りっぱなしの仕事をしている方はストレッチなどの軽い負荷の運動で徐々に運動不足を解消すると良いと思います。また、立ちっぱなしの仕事をしている方はふくらはぎの筋肉がガチガチになりやすいです。

ふくらはぎのストレッチを重点的にやることで筋肉をほぐすことができて、むくみやこむら返りの予防につながります。

水分をしっかり補給する

血流が悪くなることの原因の1つが水分不足です。水分が不足すると血液がドロドロになり流れが悪くなってしまうんです。なので、水分補給をしっかりして血液がサラサラな状態を保つことがむくみとこむら返りの予防につながります。

むくみに効くツボを押す

「築賓(ちくひん)」というツボをご存知でしょうか?このツボは「疲れた女性に万能のツボ」とも言われており、このツボを刺戟することでむくみを解消することができます。仕事中や家でテレビを見ている時なんかにこのツボを押してむくみを解消しましょう!

足のむくみを解消する「築賓(ちくひん)」というツボを押す方法

1. 左足のくるぶしに、右手の小指があたるように手のひらをおきます。すると自然とふくらはぎの1/3くらいの位置に右手の親指が置かれる状態になるはずです。

2. その親指の位置から、ひざの方へ向かって親指でふくらはぎを指圧しながら押し進めていくと、ふくらはぎの中央付近にさしかかる手前のあたりで、ちょっと痛く感じるようなツボが出てきます。そこが築賓です。

3. 指やゴルフボールなどでごりごり押すようにマッサージすると、足のむくみが解消されるだけでなく、血の滞りによる生理痛や腰痛なども改善されることがあります。

足のむくみは病気の可能性もある?

途中でも少し解説しましたが、むくみとこむら返りは「運動不足」「生活習慣」「冷え」「血行不良」などだけではなく、病気が潜んでいる可能性があります。「脱水症状」「肝機能障害」「腎臓疾患」「糖尿病」「動脈硬化」「心筋梗塞」などが原因でむくみやこむら返りが起きている可能性があります。

あまりにもむくみがひどい場合やこむら返りが週に一度など頻繁に起きてしまう場合は、一度病院で検査を受けた方が良いかもしれません。早めに病院で診察を受けることをオススメいたします。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!もし、少しでもあなたのお役に立てたのであれば以下のボタンよりSNSでシェアしていただければ嬉しいです!

こむら返りの原因とは?

夜中にいきなり襲ってくるこむら返り。いつくるかもわからないからすごく怖いですよね...そんなとても怖いこむら返りの原因をわかりやすく解説致します!

こむら返りの原因を学ぶ >

こむら返りを予防する食事

こむら返りの原因とともに、こむら返りを予防する食事についてわかりやすく解説いたします!こむら返りを予防するために普段の食事から改善していきましょう!

こむら返りを予防する食事を学ぶ >

医師の見解まとめ

こむら返りを頻繁に起こす場合、他の疾患が潜んでいる可能性も。こむら返りの原因まとめ.comではこむら返りに悩んでいる方のために、医師の見解もまとめました!

医師の見解まとめをもっと見る >

動画で学ぶこむら返り予防法

記事を読むだけではつまらない。それに文字だけでは伝わりにくいニュアンスもあったり。なので、こむら返りの予防法や原因等を楽しく学べるように動画もまとめました!

動画でこむら返りの予防法を学ぶ >

こむら返りの予防法と対処法

こむら返りを予防するストレッチや外出先でこむら返りが起きた時の対処法などを解説致します!しっかり学んでこむら返りを予防しましょう!

こむら返りの予防法と対処法を学ぶ >

こむら返りは病気のサインかも?

こむら返りが頻繁に起きる場合、病気の可能性があることをご存知でしょうか?こむら返りと病気の関係性や予防法について徹底解説致します!

こむら返りと病気の関係を学ぶ >