このサイトはこむら返りの原因や症状、予防法や対処法などを動画や記事で学べるこむら返りまとめサイトです。

こむら返りの原因まとめ.com

こむら返りの原因とは?

夜中にいきなり襲ってくるこむら返り。いつくるかもわからないからすごく怖いですよね…そんなとても怖いこむら返りの原因をわかりやすく解説致します!

こむら返りの原因を学ぶ >

こむら返りを食事で予防する

こむら返りの原因と共に、こむら返りを予防する食事をわかりやすく解説いたします!こむら返りを予防するために普段の食事から改善していきましょう!

こむら返りを予防する食事を学ぶ >

医師の見解まとめ

こむら返りを頻繁に起こす場合、他の疾患が潜んでいる可能性も。こむら返りに悩んでいる方のために、医師の見解もまとめました!

医師の見解をもっと見る >

動画で学ぶこむら返り予防法

記事を読むだけではつまらない。それに文字だけでは伝わりにくいニュアンスも。こむら返りの予防法や原因等を楽しく学べるように動画もまとめました!

こむら返りの予防法を動画で学ぶ >

こむら返りの予防法と対処法

こむら返りを予防するストレッチや外出先でこむら返りが起きた時の対処法などを解説致します!しっかり学んでこむら返りを予防しましょう!

こむら返りの予防法と対処法を学ぶ >

こむら返りは病気のサインかも?

こむら返りが頻繁に起きる場合、病気の可能性があることをご存知でしょうか?こむら返りと病気の関係について徹底解説致します!

こむら返りと病気の関係を学ぶ >

こむら返りの原因まとめ.comをSNSでシェアする

こむら返りの原因まとめ.comカテゴリ一覧

こむら返りの痛みが続く場合の対処法と予防法とは?痛みが治らな・・・

痛い!激痛が...こむら返りが治まった後の後遺症である筋肉痛・・・

こむら返りの予防に湿布や塗り薬は効果あるの?張るのなら温湿布・・・

お酒を飲むとこむら返りを引き起こしやすくなる?お酒が原因で起・・・

こむら返りで歩けないほどの痛みが起きた時の対処法と予防法

こむら返りと足がつるの違いやこむら返りの原因や予防法・対処法・対策を徹底解説いたします!これさえ見ればこむら返りを解消できる!

あなたは最近こむら返りに悩まされていませんか?

「こむら返り原因まとめ.com」とはこむら返りの原因や予防法、解消法をまとめた情報サイトです。こむら返りが怖くて夜眠れない、痛すぎてなんとかしたい、とにかく治したい、そんなあなたのためにこむら返りについての情報をわかりやすくまとめました。

記事だけではなく、医師の見解や、動画なども掲載しています。数あるこむら返りの情報の中から厳選された信頼ある情報のみをまとめていますので、ぜひお役立ください。

こむら返りとは?

こむら返りのことを知っている方はたくさんいると思います。しかし、それがどんな症状で、どんなことが起きるのかを詳しく知っている方はあまり多くありません。そもそもこむら返りとはどんなものなのでしょうか?

こむら返りとは一言でいうと、「足がつる」ということです。足がつるという経験は誰もがあるはず。でも、この話をすると誰もが「じゃあ、こむら返りじゃなくて、足がつるでいいじゃん!」と思いがち。

確かに、それでもいいのですが「こむら返り」「足がつる」には違いがあるんです。

「こむら返り」と「足がつる」の違い

ふくらはぎや足の指、土踏まずなどの筋肉がつった時、「足がつった」という表現をしますよね。こむら返りはこれらの中で特にふくらはぎの場合に起きたつりのことを言います。

指、首、肩、腹という様々な部位にもつりは起こるため、それらに対してこむら返りと言うこともあります。足がつった場合、専門用語で「腓腹筋痙攣」という呼称が使われるのですが、こむら返りと同義とも言われており、「こむら返り」と「足のつり」の違いは「部位の違い」だけと思ってもらって大丈夫です。

なぜなら、昔は「ふくらはぎ」のことを「こむら」と呼んでいて、ふくらはぎがつると「ふくらはぎがひっくり返ったような感じがする」ということから「こむら返り」と呼ばれるようになったからです。

つまり、こむら返りとは昔の言葉で「足がつった」という状態を表しているんです。昔の言葉が今でも残っているので足がつったことを「こむら返り」と呼ぶことがあるんです。

また、「つるシュチュエーション」の違いも若干含まれます。普段、「足がつる」という場合は、スポーツ、運動をしている時ですよね。例えば、水泳をしている時や、走っている時、つま先立ちしている時など。こういった場合に「足がつった」という表現をします。

これに対して「こむら返り」は、就寝中などにいきなり「足がつる」ことを表したりします。寝ている時にいきなり足がつって起きてしまう状態です。このような状態を「こむら返り」と呼ぶことが多いです。

ワンポイント豆知識!!
平安時代あたりではふくらはぎのことを「こむら」と読んでいました。なので、ふくらはぎがつる状態が「ふくらはぎ の筋肉がひっくり返ったような感じがする」というのが語源となり「こむら返り」と呼ばれるようになったそうです。 ちなみに、関西ではこむら返りのことを方言で「こぶら返り」と呼ぶんだとか。

「こむら返り」が起きるメカニズムとは?

こむら返りのメカニズムはいたって単純です。筋肉の異常収縮が起きているんです。具体的には腓腹筋(ひふくきん)の痙攣と神経の異常な拡張が原因で起こると言われています。

とても簡単に説明すると、普通は筋肉が収縮したら、弛緩(緩む)ように脳が指令を出すのですが、これがおかしくなって脳が筋肉に「収縮し続けろ!」と命令を出している状態になってしまっているんです。

こむら返りになる方に多い原因とは?

ここまでで、「こむら返り」と「足がつる」の違いやメカニズムについては学べましたね!では、こむら返りの原因について見ていきましょう!こむら返りになる方に多い4つの原因をご紹介しますのでぜひチェックしてみてください!

「こむら返りが起きた時の対処法」や「こむら返りを予防するために必要なこと」などを学びたい方はこちらをクリックしてください!

↓↓↓↓

「こむら返りが起きた時の正しい対処法とその手順」

「こむら返りを予防するために必要なこと」

1.栄養不足に注意しよう!

私たちの体の中で筋肉の収縮や弛緩に大きく関わっている栄養素はミネラルです。このミネラルが不足してしまうと、筋肉の収縮や弛緩がうまく働かなくなるのでこむら返りが起きやすくなってしまいます。

さらに、ミネラルが不足すると筋肉が疲労しやすくなって疲労物質が溜まりやすくなることもこむら返りが起きやすくなってしまう原因となります。

また、ビタミンB1やタウリンが不足することもこむら返りが起きやすくなってしまう原因だと言われています。

2.筋肉に疲労溜まっていませんか?

長い立ち仕事をしたり、負荷の高い運動をした時は筋肉に疲労物質が溜まっています。筋肉に疲労物質が溜まってしまうと収縮や弛緩の反応が悪くなって誤作動を起こしやすくなるのでこむら返りが起きてしまいます。

また、運動をすると汗と一緒にミネラルを失うこともこむら返りが起きやすくなってしまう原因になります。汗をかいたらスポーツドリンクなどでミネラルを補給しましょう!

3.血行不良はこむら返りの天敵

血液は私たちの体の隅々まで栄養や酸素を運んでくれているので、血行不良が起きると筋肉が酸欠・栄養不足の状態になってしまいます。そうなると、筋肉の収縮や弛緩がうまく働かなくなってしまうのでこむら返りが起きやすくなってしまうんです。

血行不良が起きやすいのはです。冷えると血管が収縮してしまうので血行不良が起きやすくなるんです。これが理由で冬にこむら返りが起きやすくなる方がとても多いと言われています。

冬は足を冷やさないようにしたり、ストレッチマッサージで血行を促進させてあげるとこむら返りの予防になります。また、夏にクーラーで部屋をキンキンに冷やしている時もこむら返りが起きやすくなるので、クーラーのかけすぎにも注意しましょう!

4.冬でもしっかり水分補給していますか?

水分が不足すると血液がドロドロになってしまい、先ほどと同じように血行不良が起きやすくなってしまいます。水分不足といえば、夏のイメージがありますが冬に起きることも多いです。

あまり汗をかかないので喉が渇きづらいから水分補給を忘れがちになるんです。冬でも水分不足は起こりますのでしっかり水分補給をして血行が良い状態を保ちましょう!

他にも様々な原因からこむら返りは起きる

先ほどご紹介させていただいた「こむら返りになる方に多い原因」以外にも様々な原因でこむら返りが起きてしまいます。もし、先ほどの原因にあなたが当てはまらない場合はこれらの原因が理由でこむら返りが起きている可能性が考えられますので、ぜひチェックしてみてください!

1:あなたのこむら返りは「ミネラル不足」が原因かも!?

こむら返りが起きる原因の1つがミネラル不足です。ミネラルが不足するとなぜこむら返りを発症するのか?それには科学的にきちんとした理由があります。

ミネラルには神経や、筋肉の働きを調整する役割があるから。

ミネラルには神経や筋肉の働きを調整する役割があります。先ほども話した通り、こむら返りは「筋肉の異常収縮」です。つまり、ミネラルが不足していると神経や筋肉の調整がうまくできずにこむら返りが発症しやすくなるんです。

ミネラルとは様々な栄養素の総称です。例えば、鉄、カルシウムなどです。あなたも聞いたことありますよね?これらの栄養素をまとめて「ミネラル」と呼んでいます。その中でも特に体の維持や成長に欠かせない重要なものを「必須ミネラル」と呼ばれる次の16の栄養素です。

1:カルシウム骨や歯を形成、神経の興奮を抑制
2:マグネシウム約300種の酵素反応に関係
3:ナトリウム体液のバランスをとり、神経・筋肉の興奮を鎮める
4:カリウム心臓や筋肉の機能調整、塩分量の調整
5:亜鉛たんぱく質の合成に関与
6:リン歯や骨を形成、糖質代謝に関与
7:鉄赤血球中のヘモグロビンに含まれ、酵素を運ぶ
8:マンガン糖質・脂質の代謝、骨形成に関与
9:銅ヘモグロピン合成に、抗酸化作用あり
10:モリブデン糖質・脂質の代謝に関与
11:セレン抗酸化作用がある
12:ニッケル核酸の安定化を図る
13:クロム糖質・脂質の代謝に関与
14:リチウム神経機能の維持
15:コバルトビタミンB12の構成成分で、造血作用がある
16:バナジウム血糖降下作用

16からなる「必須ミネラル」の主な働きはこのようなものです。これらのミネラルが不足すると筋肉や神経がうまく調整できなくなり、筋肉が異常収縮をしてしまいます。結果として、こむら返りを発症してしまうことになります。

特に重要なのはマグネシウム。これが不足するとやばいかも!?

こむら返りを予防し改善する上でマグネシウムは欠かせないミネラルの1つです。なぜなら、カルシウムの働きを調整してくれるのがマグネシウムだからです。

カルシウムは筋肉をスムーズに収縮させるための大きな役割を担っています。なので、マグネシウムが不足するとカルシウムがうまく働かずに筋肉の収縮がスムーズにできなくなるんです。これがマグネシウムが重要視される理由です。

調べて見てもらえばわかると思いますが、「こむら返り予防サプリメント」には必ずと言っていいほどマグネシウムが配合されているのもこの理由からです。

汗を多くかく季節は特にキケン?

 

汗にはミネラル分が含まれています。なので、特に夏場などはミネラルの補給が重要です。汗をかくとミネラル分が放出されるので、今まで説明したメカニズムのように神経や筋肉の調整がうまくいかなくなります。汗をよくかく夏場などは意識してミネラルを補給するようにしましょう!

ミネラルはどうやったら補給できるの?

ミネラルはわかめ、ひじきなどの海藻類をはじめ、大豆、あずきなどの豆類、煮干し、エビなどの魚介類などに多く含まれます。これらの食品から補給することができますが、最近ではサプリメントなども多いのでそちらで補給することもできます。

個人的には自然のものから補給する方が好きなので食事を改善することをオススメしますね。下の記事にミネラルが多く含まれる食品や、食事方法、サプリメントなどをもっと詳しくまとめて見ましたのでぜひ参考にしてください!

2:運動不足の人がいきなり運動するとこむら返りになりやすい

人間の体は筋肉が収縮して緩むを繰り返して成り立っています。しかし、それがうまくいかずに筋肉が異常収縮して緩まなくなることをこむら返りと言います。

運動は筋肉の収縮と弛緩(緩む)が普段の生活よりも強い負荷で起こります。いつも運動を頻繁に行う人は筋肉や腱のセンサーがその負荷に慣れているのでうまく作動します。しかし、普段あまり運動しない人の筋肉や腱のセンサーは反応が鈍っていて誤作動を起こす可能性があります。つまり、異常収縮が起こりやすくなっていると言えます。

普段運動をしない人が長時間の立ち仕事、いきなりの運動をしてしまうとこれらのセンサーが常に刺激される状態になるので、やがてセンサーが働かなくなってしまうんです。このような時にセンサーが異常に反応してしまい、異常な収縮が起きてこむら返りが起こります。簡単にいうと、センサーがバカになってしまってるんですね…

なので、普段から適度な運動を行っていくことがこむら返りを予防し改善するのに効果的です。「毎日20分ウォーキングする」「寝る前にストレッチをする」など軽い負荷の運動で十分に効果があります。これらを意識して行うようにしてこむら返りを予防、改善していきましょう!

3:変形性腰椎症がこむら返りを引き起こす!?

まず、変形性腰椎症とは加齢と共に腰を支えている腰椎(背骨)の間の椎間板がすり減って弾力性を失い、骨同士がぶつかるようになることを言います。これが起こると、腰の周辺に鈍痛を感じたり、立ち上がったりする時に強い痛みを感じたりします。

また、腰から下の筋肉が硬直しやすくなり、それが原因でこむら返りを引き起こしてしまうことがあります。このような症状が現れた場合、「大丈夫でしょ。いつか治る」と放置してしまうととてもキケンです。こむら返りを引き起こすだけならまだしも、他にも様々なものが発症する可能性もあります。すぐに整形外科、整体、整骨院等で診察してもらいましょう。背骨は人を支えているものです。ここが悪くなると、体全体に影響します。放置せずにしっかりとあなたの体を労わってあげるようにしましょう!

4:持病があるとこむら返りになりやすい。特に糖尿病には要注意!

持病を持っていると、こむら返りを発症しやすいと言われています。特に糖尿病の合併症としてこむら返りが有名です。血糖値が高い状態が続くことで、末しょう神経に小さな傷ができてしまい、刺激が起こるからだと言われています。

実は、糖尿病の自覚がなくこむら返りをなんとかしたいと思って病院に行ったら、糖尿病が発覚するというケースも多いみたいです。糖尿病自体の他の症状としては、喉が乾く、尿が多いなどがあります。こむら返りを頻繁に起こしていて、糖尿病が気になる方はお早めに病院に診察してもらうことをオススメいたします。

5:妊婦さんにこむら返りはつきもの?

妊娠すると女性の体は赤ちゃんの成長を促すためにホルモンバランスが崩れます。特に妊娠後期は骨盤を柔軟にするためのホルモンが大量に分泌されるので血液バランスが崩れてこむら返しを引き起こしやすくなります。

また、お腹が大きくなると足の血管が圧迫され下半身の血液の循環が悪くなることでこむら返しを引き起こしやすくなるんです。

こむら返りは食事で予防できるのか?

こむら返りのメカニズムを読んでもらった方はおわかりと思いますが、こむら返りは基本的にミネラル不足が原因でこむら返りを起こります。なので、しっかりとミネラルを補給すれば防ぐことは可能です。

しかし、あなたのこむら返りの原因が「変形性腰椎症」だったり「糖尿病」などであった場合は話は別です。こういった場合には病院に行って診断、治療をしてもらうことをオススメ致します。あなたがそれらに当てはまらない、またはサプリメントはあまり使用したくないのであれば食事で予防、改善することは可能です。

1度試してみてこむら返りが予防できるかどうかを見極めてみるのがいいと思います。食事を改善しても解消されないのであれば病院にいくなり、サプリメントを使用してみたりなどの対応をしましょう。

お酒は控えた方がいい?その理由とは

あなたがこむら返りに悩んでいるのであれば、今後お酒は控えた方がいいでしょう。なぜなら、お酒を飲むと体の中の水分が失われ、さらには胃、腸、膵臓などの栄養素吸収を邪魔してしまいます。

アルコールを摂取すると、こむら返りを解消するのに大切なミネラルである「マグネシウム」と「カルシウム」が失われます。なので、あなたが食事を改善して、ミネラルをたくさん摂取しようとしてたり、サプリメントを使用していたとしても、お酒を飲んだら効果が減ります。せっかくの努力が報われないなんてことになるので、本気でこむら返りを解消したいのであればお酒は控えるようにした方がいいでしょう。

必見!冬の朝方や夜中に起こりやすいこむら返りを予防する超簡単な方法

夜中の就寝中にこむら返りが起こる原因の1つに「冷え」があります。夜中のこむら返りを防ぐにはこの「冷え」を防ぐことが大事です。

なぜ「冷え」がこむら返りを引き起こすのか?それは足が冷えると筋肉が収縮して緊張状態になるからです。こむら返りのメカニズムは覚えていますか?そう。「筋肉の異様収縮」でしたよね。足を冷やした状態で寝ると筋肉が緊張してしまうので「こむら返りを起こしやすい状態」になります。

あなたはどうでしょうか?冬に足が冷えやすい状態で寝ていないでしょうか。また、夏でもクーラーをつけっぱなしで寝たりして足が冷える状態を作ってしまってはいないでしょうか?こむら返りに悩んでいるのであれば、なるべく足を冷やさない環境を作りましょう。

足を温めて筋肉がリラックスできる状態を作るだけで夜中のこむら返りが起こる可能性をグンと減らすことができるはずです!

具体的には「寝るときは半ズボンを履かずに長ズボンを履く」「長めの靴下を履いて寝る」などの対策をとって冷やさないようにすることが、睡眠中のこむら返りを予防するのに効果的だと言われています。ぜひお試しください!

また、寝る前にコップ1杯の水を飲むことも睡眠中のこむら返りを予防するのに効果的だと言われています。冒頭でも解説致しましたが、人は寝ている最中にかなりの水分を失ってしまいます。

水分が不足すると血液の循環が悪くなり、筋肉が酸欠・栄養不足の状態になってしまうので、こむら返りが起きやすくなるんです。コップ1杯を飲むだけでこむら返りを予防することができますので、睡眠中にこむら返りが起きやすい方は飲むようにしましょう!

こむら返りが起きた時の正しい対処法とその手順

冒頭でも解説しましたが、こむら返りはふくらはぎの腓腹筋という筋肉が異常収縮を起こすことで発生します。(こむら返りはスネや足裏、太ももなどでも起こることがあります)腓腹筋が収縮し続けて緩まなくなってしまうんです。

そして、あの激痛は筋肉が収縮し続けることで神経を刺激するので感じてしまうんです。こむら返りが起きた時の正しい対処法とは収縮している筋肉を伸ばしてあげることです。そうすれば、ふくらはぎの筋肉の異常収縮は収まり痛みも引いていきます。

これからこむら返りが起きた時の正しい対処法について解説いたします!動画もはっておきますので、ぜひ参考にしてください!

手順その1:痛みを感じる足を後ろに引きましょう!

こむら返りが起きている方の足を後ろに引きます。そして、かかとを床につけてください。

手順その2:ゆっくりと重心を下に落としましょう!

かかとを床に押し付けるようにしながら、ゆっくりと重心を落としてふくらはぎのストレッチを感じましょう!アキレス健を伸ばすようなイメージです。この時、後ろに引いた足の膝をなるべく曲げないようにすると、うまくふくらはぎをストレッチすることができます。

手順その3:ふくらはぎにストレッチを感じたらそのままキープしましょう。

ストレッチを感じたらそのまま10秒から30秒間キープしましょう!この時に息を止めずに吸って吐いてを繰り返しましょう。そうすることでよりふくらはぎのストレッチ効果が高くなります。

※動画では壁を使ってふくらはぎのストレッチをしています。近くに壁がある場合は利用した方がストレッチの効果が高くなるので利用することをオススメいたします。壁がない場合はその場で実践しましょう。

こむら返りは起きた後にすぐ対処しないと痛みが長引いてしまいます。また、長引かせてしまうと「肉離れ」や「筋肉痛」を引き起こしてしまう可能性もあります。発生したらすぐにストレッチをして対処するようにしましょう!

また、こむら返りが起きた時いつも立っているとは限りませんよね。なので、「寝ている状態でもできるこむら返りの対処法」や「座っている状態でもできるこむら返り対処法」などを下の記事にまとめています。ぜひ、確認して参考にしてください!

こむら返りを予防するために必要なこと

こむら返りが起きる原因の中でも解説致しましたが、一般的には「ミネラル不足」「水分不足」「妊娠」「糖尿病」「運動不足」「冷え」などが原因でこむら返りが起きると言われています。

しかし、他にも「高齢化」「筋肉疲労」などこむら返りが起こる原因は様々です。なので、一概には「この予防法や対処法を使えばこむら返りは解消できる!」なんてことは言えません。あなたのこむら返りが起きる原因に沿った予防法や対処法が必要になります。

このサイトではそれぞれの原因について、その原因に沿った予防法や対処法をご紹介していますのでぜひ参考にしてください!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!もし、少しでもあなたのお役に立てたのであれば以下のボタンよりSNSでシェアしていただければ嬉しいです!

こむら返りの原因とは?

夜中にいきなり襲ってくるこむら返り。いつくるかもわからないからすごく怖いですよね...そんなとても怖いこむら返りの原因をわかりやすく解説致します!

こむら返りの原因を学ぶ >

こむら返りを予防する食事

こむら返りの原因とともに、こむら返りを予防する食事についてわかりやすく解説いたします!こむら返りを予防するために普段の食事から改善していきましょう!

こむら返りを予防する食事を学ぶ >

医師の見解まとめ

こむら返りを頻繁に起こす場合、他の疾患が潜んでいる可能性も。こむら返りの原因まとめ.comではこむら返りに悩んでいる方のために、医師の見解もまとめました!

医師の見解まとめをもっと見る >

動画で学ぶこむら返り予防法

記事を読むだけではつまらない。それに文字だけでは伝わりにくいニュアンスもあったり。なので、こむら返りの予防法や原因等を楽しく学べるように動画もまとめました!

動画でこむら返りの予防法を学ぶ >

こむら返りの予防法と対処法

こむら返りを予防するストレッチや外出先でこむら返りが起きた時の対処法などを解説致します!しっかり学んでこむら返りを予防しましょう!

こむら返りの予防法と対処法を学ぶ >

こむら返りは病気のサインかも?

こむら返りが頻繁に起きる場合、病気の可能性があることをご存知でしょうか?こむら返りと病気の関係性や予防法について徹底解説致します!

こむら返りと病気の関係を学ぶ >